本文へスキップ

いにしえの鼓動を感じる博物館




展示の歴史Museum History

  Top>>展示の歴史>>過去の展示>>R元年度>>第100回企画展


開催概要


◆あの有名なハート形土偶が群馬県に里帰りします。均整のとれた造形美をお楽しみください。
◆近年の研究で、ハート形土偶は福島県阿武隈地域で誕生し、その周辺に広まったことがわかってきました。多数のハート形土偶が一堂に会します。
◆国宝・仮面土偶(公開期間:9月28日(土)~10月20日(日))のほか、国重要文化財・三内丸山遺跡の土偶など見ごたえのある美しい土偶を展示します。縄文の美をご堪能ください。
◆縄文土器に初めて芸術性を見いだした岡本太郎。岡本が撮影した写真や作品を通して、我々の中にある縄文人の感性を呼び覚まします。


基本情報

   
会期 2019年9月28日(土)~12月1日(日)※この展示は終了しました
開館時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日 毎週月曜日(ただし10/14・10/28・11/4は開館、10/15・10/29・11/5は休館)
入館料 一般600円(480円)/大高生300円(240円)/中学生以下無料
※カッコ内は20名様以上の団体割引料金/障がい者手帳持参者とその 介護者1名は無料
主催 群馬県立歴史博物館
刊行物 図録(完売)・リーフレット
 関連行事 連続講演会・講演会・イベント・ギャラリートーク・三品解説・ワークショップ


   
All Rights Reserved, Copyright © Gunma Prefectural Museum of History