本文へスキップ

いにしえの鼓動を感じる博物館




展示の歴史museum History

Top>>展示の歴史>>過去の展示>>平成29年度>>第93回企画展
 


開催概要



 当時最速の乗り物だった馬とその文化は、古墳時代に朝鮮半島より伝わりました。5世紀後半には群馬県域にも渡来人によって馬文化がもたらされ、やがて当地域は全国でも有数の馬の生産地となります。
 奈良時代、上野国の中心地であった「クルマ」郡は、名称に「群馬」の漢字二字があてられて群馬郡となり、近代に至って県名の由来となりました。
 本展覧会では、国家や地域社会の形成の動力となった、馬文化の起源を探る上で欠かせない資料を、一堂に集め、東国、そして群馬県域への馬文化の到達のダイナミズムを東アジア的な視点で描きます。


       

基本情報

会期 平成29年9月30日(土)~11月26日(日)※この展示は終了しました
開館時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日 毎週月曜日(10月9日(月)は開館、10月10日(火)は休館) 
入館料 一般800円(640円)/大高生400円(320円)/中学生以下無料
※カッコ内は20名様以上の団体割引料金/障がい者手帳持参者とその 介護者1名は無料
主催 群馬県立歴史博物館
共催等 群馬県教育委員会、公益財団法人 群馬県埋蔵文化財調査事業団
刊行物 展示図録(売り切れました)・リーフレット
関連行事 講演会、連続講座、ギャラリートーク、ワークショップ



All Rights Reserved, Copyright © Gunma Prefectural Museum of History