本文へスキップ

いにしえの鼓動を感じる博物館




展示の歴史museum History

Top>>展示の歴史>>過去の展示>>H30年度>>特別収蔵品展
 


開催概要


 戦国大名は、軍勢を集める際に身なりを整えて参陣することが求められました。この際、文書中において「綺羅美耀(きらびやか)」という語句が用いられています。
 本展においては、武士の起源を求めることのできる古代から武士の世が終わりを迎える幕末維新期に至る時代に視野を広げ、常設展示では公開していない貴重な資料を紹介します。 武士の時代を生きた人々の営みを感じてください。
     ★館蔵「安倍小水磨経」を一挙公開
     ★加藤清正発給文書を中心とする下川文書20点を公開(群馬県庁旧蔵・勝山家資料・栗間家文書・個人蔵)
     ★「郷土刀」「上州甲」を展示
 


基本情報


会期 平成31年1月12日(土)~平成31年2月24日(日)※この展示は終了しました
開館時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日 毎週月曜日(祝日の場合はその翌日)
入館料 一般300円(240円)/大高生150 円(120円)/中学生以下無料
※カッコ内は20名様以上の団体割引料金/障がい者手帳持参者とその 介護者1名は無料
※常設展観覧料で御覧いただけます。
主催 群馬県立歴史博物館
刊行物 リーフレット
関連行事 講演会、ギャラリートーク


   
All Rights Reserved, Copyright © Gunma Prefectural Museum of History