本文へスキップ

いにしえの鼓動を感じる博物館




Top>>常設展示室>>テーマ展示

テーマ展示

    
コレクション展示・トピック展示など、テーマを替えて館蔵資料を紹介します。


 第12回テーマ展示『くらしのうつりかわり1』

■開催概要

みなさんの家には、テレビや洗濯機などスイッチひとつで動く便利な機械がたくさんありますね。でも、昔は、ごはんをたくのも洗濯をするのも、ほとんど人の力でしていました。さまざまな道具を使い、季節に合わせて上手に道具をつかいわけて生活してきました。そして、くらしをより便利に豊かにしたいと願い、さまざまな工夫を積み重ねて、新しい道具がつくられてきたのです。この展示室には、おもに昭和の時代に生活の中で使われた道具を展示しています。昭和から平成にかけて人々のくらしは大きくかわってきました。みなさんのおじいさんやおばあさん、また、お父さんやお母さんが子どもだったころは、どのような道具を使って生活していたのでしょうか。 少しの間、時計の針を巻き戻して当時のくらしをのぞいてみましょう。みなさんも、道具をよく見たり、さわって動かしたりして、昭和のくらしを感じてみてくださいね。
         

■展示資料


 
<扇風機>
 
<氷冷蔵庫>
 
<白黒テレビ>
  
<蚊帳>

■展示期間

2019年9月14日(土)~12月1日(日)

■休館日

毎週月曜日
※ただし10/14・10/28・11/4は開館、10/15・10/29・11/5は休館

■観覧料

常設展示料金でご覧いただけます。
※企画展示をご覧になる場合は別途企画展示料金が必要になります。

■同時開催

開館40周年記念 第100回企画展『ハート形土偶大集合!!-縄文のかたち・美、そして岡本太郎ー』
【会期】2019年9月28日(土)~12月1日(日)
【観覧料】一般600円/高大生300円/中学生以下無料  ※企画展示観覧料でテーマ展示も観覧できます。





All Rights Reserved, Copyright © Gunma Prefectural Museum of History