本文へスキップ

いにしえの鼓動を感じる博物館




Top>>常設展示室>>テーマ展示

テーマ展示

コレクション展示・トピック展示など、テーマを替えて館蔵資料を紹介します。

 第15回テーマ展示『刀 カタナ かたな~古代から現代へ~』

■開催概要

 当館では昭和54年(1979)の開館以前から、県民のみなさま方より刀剣をお預かりして参りました。寄贈・寄託いずれの方法であるにせよ、当館のコレクションの多くはそうして収蔵したものです。したがいまして、当館の刀剣コレクションは県民のみなさまによって支えられているといっても過言ではありません。そのために今回のテーマ展示では、比較的近年になって収蔵した刀剣類を中心に、古代~現代を通じた優品を展示することにいたしました。  具体的には、日本刀が成立する以前の古墳時代以降の直刀(ちょくとう)や蕨手刀(わらびてとう)から鎌倉・室町・江戸・現代までの日本刀になります。重要無形文化財保持者(いわゆる人間国宝)の作品も展示しましたので、現代刀の美しさをあわせてご鑑賞いただければと思います。  
         

■展示資料


 
<刀 銘 秋元家臣 川部儀八郎藤原正秀>
※7/18~9/22
 
<太刀 銘宮入昭平作>
※7/18~9/22
 
<単鳳環頭大刀>
※6/2~9/22
出品目録一覧はこちら(PDFデータ)

■展示期間

令和2年6月2日(火)~9月22日(火・祝日)

■開館方法

事前予約制(空きがある場合に限り当日入館も可能)

■休館日

月曜日(8月10日・9月21日を除く)、7月6日~17日は館内作業のため臨時休館

■観覧料

常設展示料金でご覧いただけます。

■同時開催

第101回企画展示『綿貫観音山古墳のすべて』
令和2年7月18日(土)~9月6日(日)
一般700円・大高生350円・中学生以下無料






All Rights Reserved, Copyright © Gunma Prefectural Museum of History