第3回博物館講座が開催されました。

d12-1110b d12-1110a

第3回の歴史博物館講座が開催されました。「新島襄と群馬県~大河ドラマ『八重の桜』を前に~」と題して、当館学芸員の手島がお話しさせていただきました。群馬県民にとっては、「新島襄=上州人」ですが、県外の人はそうではありません。なぜそのような認識の違いが生まれたのかに迫る内容でした。
 来年の大河ドラマとして注目されているだけあって、1ヶ月前の申込開始日には、予約の電話が鳴り止まず、3日で定員に達してしまいました。会場は満員で、参加された方々は資料を片手に熱心に聞き入っていらっしゃいました。
 今回、参加できなかった方が多数いらっしゃるということで、急遽同一内容の講座開催が1月に決定しました。また、第4回の歴史博物館講座も同月に予定されていますので、ぜひご参加ください。どちらも1ヶ月前から、電話で申込を予約を受け付けます。

  ■歴史博物館講座 第4回
     「沼田藩の家臣団構成」  小野瀬和男
      1月12日(土)  午後1時30分~3時
  ■歴史博物館講座 アンコール
     「新島襄と群馬県-大河ドラマ『八重の桜』を前に-」  手島仁
      1月19日(土)  午後1時30分~3時

詳細はこちらから>>

カテゴリー: 未分類, 講座   タグ:   この投稿のパーマリンク