5月6日(金) 企画展の展示品の一部を紹介します。

nikki11-050601 nikki11-050602

  開催中の企画展「親鸞と妙安寺」の展示資料から、今日は「親鸞聖人縁起絵伝」を紹介します。前橋市の妙安寺に伝わるもので、県の重要文化財に指定されています。親鸞の曾孫覚如(かくにょ)が著した「親鸞伝絵」の図絵の部分を掛け軸としたものです。
 左の写真は、四つある掛け軸のうちの一つです。右の写真は、その一場面を拡大したものです。親鸞が出家し、法然の弟子となり、その後島流しに遭いながら越後・関東で念仏の教えを広めていく様子が描かれています。
 会場では、大型テレビで「親鸞聖人縁起絵伝」の絵解き番組を放映しています。また、簡単な解説シートも用意しています。ぜひ、本物をご覧ください。

カテゴリー: 企画展   タグ:   この投稿のパーマリンク