歴史デリバリー教室に行ってきました。

20151204a20151204b

20151204c20151204d

    121日(火)から、「歴史デリバリー教室(むかしの道具)」が始まりました。4日(金)は、藪塚本町小学校(4年生159名)に伺いました。この「むかしの道具」は、3・4年生の社会科学習内容『古くから残る暮らしにかかわる道具、それらを使っていたころの暮らしの様子』に対応した、調べ学習と体験学習で構成されたプログラムです。調べ学習では、「明るくする道具」、「あたたまる道具」、「しわをのばす道具」等、博物館から持ち出した様々な道具を手で触れながら観察し、気付いたことや思ったことを道具カードに記入しました。体験学習では、石臼で米を挽いて上新粉を作ったり、火打ち石を使った火おこし等を体験したりしました。実際に道具に触れながら調べたり、道具を使ったりしている児童のみなさんの様子から、昔の道具や人々の暮らしに対する興味関心がより高まったように感じました。

 

カテゴリー: 学校連携   タグ:   この投稿のパーマリンク