「むかしのくらし探検」の様子です。

 学校向けの学習プログラム「むかしのくらし探検」が連日行われています。小学校3・4年生の子どもたちに、昔の道具をよく見てもらうためのプログラムです。「道具カード」というカードを使って、子どもたちが気づいたことをメモする学習です。動かない道具を見て、気づいたことを書くというのは難しいことですが、子どもたちのカードからは、こちらがハッとさせられるような言葉も見つかります。持ち帰った道具カードを、今後の学習に生かしてもらえればと思います。

カテゴリー: 学校連携   タグ:   この投稿のパーマリンク