昔の道具の思い出を

道具の思い出カード01道具の思い出カード02現在、開催されているコレクション展示Ⅱ「子どものための『むかしのくらし』」では、明治から昭和にかけて生活で使われていた道具が約90点展示されています。懐かしいと感じる大人の方も多いと思いますが、子どもたちや若い世代にとっては、珍しかったり知らなかったりする道具ばかりです。

そこで、懐かしいと感じる方に、道具についての思い出をカードに書いて残してもらう試みを行っています。「道具の思い出カード」というものです。自分が使っていた時の思い出、母親が使っていたのを見ていた思い出など、自由に記入していただいています。

子どもたちや若い世代は、このカードを読むことで、その道具が使われていた頃のことを想像し、使っていた人の思いを感じることができると思います。展示された道具を見て、思い出がよみがえった方は、ぜひカードに記録を残していっていただければと思います。

カテゴリー: 企画展   タグ:   この投稿のパーマリンク