8月4日(日) 「親子で発見! いきものいろいろ」が行われました。

P1060028  P1060012

群馬の森にある公園と美術館・博物館が連携し、「生き物」をテーマに親子対象のイベントを行いました。
第2回目のこの日は、公園と歴史博物館でのイベントでした。
公園で葉択作りを楽しんだ後、博物館では、資料の中の「十二支」を探してもらいました。
まず、絵本『十二支のはじまり』の読み聞かせをした後、展示室で十二支探しです。
郷土玩具「申(さる)」や「巳(へび)」、埴輪の「午(うま)」や「戌(いぬ)」は、
「見てすぐ分かるよ。」との反応でした。
ですが、多胡碑の「未(ひつじ)」や文字瓦の「子(ねずみ)」などは、なかなか難解で、
「どこにあるのかな。」と一緒に参加したお家の人たちと相談しながら、じっくり資料を観察していました。
よく見てみると色々な場所に登場する十二支に、親しみを感じてもらえたようでした。
なお、すでに申し込みは締め切りましたが、8月18日(日)に公園と美術館の組み合わせで、第3回目のイベントが行われます。(第1回目は、7月28日、博粒館と美術館の組み合わせで実施されました。)

カテゴリー: イベント   タグ:   この投稿のパーマリンク