改修工事中の様子を視察してきました。

20151209a 20151209b

20151209c 20151209d

 12月9日(水)に改修工事中の館内を視察してきました。11月末までで、建築工事、電気工事、空調工事、衛生工事、展示ケース工事、それぞれ8090%の出来高となっています。右上の写真は、リニューアル後の東国古墳文化展示室(今までの企画展示室)、左下の写真は、企画展示室(今までの原始第1展示室)の様子です。工事の資材等がまだ床に置かれた状態ですが、固定展示ケースの取付けも終わり、機密性能の試験が行える段階まできていました。右下は中庭ですが、北側の屋根下スペースがガラス張りの戻り通路になったり、大きな松の木が撤去されたりしたため、以前の様子とはかなり変わりました。

 

 

カテゴリー: 広報 | タグ: | コメントをどうぞ

歴史デリバリー教室に行ってきました。

20151204a20151204b

20151204c20151204d

    121日(火)から、「歴史デリバリー教室(むかしの道具)」が始まりました。4日(金)は、藪塚本町小学校(4年生159名)に伺いました。この「むかしの道具」は、3・4年生の社会科学習内容『古くから残る暮らしにかかわる道具、それらを使っていたころの暮らしの様子』に対応した、調べ学習と体験学習で構成されたプログラムです。調べ学習では、「明るくする道具」、「あたたまる道具」、「しわをのばす道具」等、博物館から持ち出した様々な道具を手で触れながら観察し、気付いたことや思ったことを道具カードに記入しました。体験学習では、石臼で米を挽いて上新粉を作ったり、火打ち石を使った火おこし等を体験したりしました。実際に道具に触れながら調べたり、道具を使ったりしている児童のみなさんの様子から、昔の道具や人々の暮らしに対する興味関心がより高まったように感じました。

 

カテゴリー: 学校連携 | タグ: | コメントをどうぞ

「わくわく歴史教室」に行ってきました。

20151128a20151128b20151128c

 1128日(土)に、中之条町歴史と民俗の博物館「ミュゼ」の研修室をお借りして、「わくわく歴史教室」を行いました。内容は、お米を石臼で挽いて上新粉を作る体験でした。当日は、小さいお子さんからお年寄りの方まで、幅広い年齢層の方が体験されました。体験された方の中には、「戦時中、よくお手伝いでやったから懐かしいねえ。」と子どものころを懐かしがられている方もいらっしゃいました。その方の挽き方は“芯から身に染みついている”という年季の入った回し方で、プロ級の腕前でした。

 

カテゴリー: わくわく体験 | タグ: | コメントをどうぞ

おでかけ体験に行ってきました。

 

 11月27日(金)に「おでかけ体験」で高崎市の箕郷第五保育園と前橋市の第四保育所に伺い、「万華鏡作り」を行いました。どこの園、所でもそうですが、この日もたくさんの笑顔が見られました。3種類のメニュー(ミニ凧作り、かざぐるま作り、万華鏡作り)で10月1日から始まった今年度の「おでかけ体験」も、この日で終了となりました。この2ヶ月で、県内74の幼稚園・保育園・保育所、2,122人の幼児のみなさんに体験していただきました。たくさんのご利用ありがとうございました。

 5年以上にわたり続けてきた「おでかけ体験」ですが、今年度でひとまず休止させていただきます。これまでたくさんの園、所の方にご利用いただき、大変ありがとうございました。本館は来年7月には装いも新たにリニューアルオープンいたします。新しい体験メニューもたくさん用意していますので、この次は博物館でお会いできるのを楽しみにいています。

 

 

カテゴリー: 学校連携 | タグ: | コメントをどうぞ

「わくわく歴史教室」に行ってきました。

20151115a 20151115b

20151115c 20151115d

 11月15日(日)に、沼田市で開かれた「古代東国文化サミット」に参加する形で、「わくわく歴史教室」を行いました。内容は、キリモミ式と火打ち式の2種類の火おこし体験でした。当日は、正午前まで断続的に雨が降り続き、湿気がかなりあったため、火おこしには不向きな天候でしたが、参加されたみなさんは悪条件に負けずに火おこしに挑戦されました。中には、手の痛みも忘れて1人で10分以上“キリモミ”をやり続ける1年生の女の子もいました。この日は、小さいお子さんからお年寄りの方まで、延べ200人以上の方が体験されました。

カテゴリー: わくわく体験, イベント | タグ: , | コメントをどうぞ

「Rekihaku ニュースレター」特集号1を発行しました。

20151112 

 当館はこれまで、「博物館だより」を年に4号のペースで135号まで発行してきました。しかし、平成28年7月のリニューアルオープンに合わせてタイトルを一新し、「Rekihakuニュースレター」と改め、発行していくことにしました。内容は、今まで通り博物館の最新情報や教育普及活動などを掲載していく予定です。

 今回は、主にリニューアル後の「原始」と「古代」の展示室について掲載しています。こちらは、当館のホームページからpdfでダウンロードしてご覧いただくことができます。また、高松町の事務所に残部がありますので、お越しいただければお配りすることができます(なくなり次第終了いたします)。

 【Rekihakuニュースレター 特集号1】

 ・リニューアル後の“原始展示室”の見どころ

 ・リニューアル後の“古代展示室”の見どころ

 ・「歴史デリバリー教室」と「わくわく歴史教室」の様子

カテゴリー: 広報 | タグ: | コメントをどうぞ

わくわく歴史教室を行いました。

20151028a 20151028b

20151028c 20151028d

20151028e 20151028f

 10月28日(水)に、群馬の森の歴史博物館前で「わくわく歴史教室」を行いました。    この日は県民の日ということもありましたが、天候にも恵まれたため、たくさんの方が群馬の森に遊びに来られていました。テントとノボリが小さいお子さんの興味を引いたようで、親子連れの方がたくさん参加してくださいました。10分程の製作時間で作り上げると、さっそくかざぐるまを持って走り回り、勢いよく回転させているお子さんの姿が見られました。この日の参加者数は、今年度最高となる431人でした。多くの方のご参加ありがとうございました。

カテゴリー: わくわく体験 | タグ: | コメントをどうぞ

おでかけ体験に行ってきました。

20151015a 20151015b

20151015c 20151015d    

 10月15日(木)に、「おでかけ体験」で前橋市の芳賀保育所に伺い、「万華鏡作り」を行いました。完成させるまでに、「はさみで切る」、「色鉛筆で色を塗る」、「のりやセロテープで貼る」など様々な工程があるため、5、6歳の子にとっては少し難度が高いのですが、園児のみなさんは一生懸命に作業に取り組み、万華鏡を作り上げました。出来上がった後は、教室の中にある色々な物を覗き込み、変化する模様に歓声を上げていました。

カテゴリー: 学校連携 | タグ: | コメントをどうぞ

「黒田日出男の歴史推理」を開催しました。

20151003a 20151003b

20151003c 20151003d

 10月3日(土)に、今年度2回目となる「歴史推理」を、東京大学名誉教授の黒田氏を講師に迎えて開催しました。この日は、沼田市の利根沼田行政県税事務所の会議室をお借りして行いました。主な内容は、これまで明らかにされていなかった舟木屏風の制作時期を、そこに描かれている能・かぶき・操り浄瑠璃などの芸能を手がかりとして読解していくというものでした。参加されたみなさんは、メモを取るなどして熱心に聴講されていました。

カテゴリー: 講座 | タグ: | コメントをどうぞ

おでかけ体験に行ってきました。

20151002a 20151002b

20151002c 20151002d

 幼・保育園、保育所向けに毎年行い、ご好評をいただいている「おでかけ体験」が、10月1日(木)から始まりました。この「おでかけ体験」は、昨年までは近隣の市町村を対象として実施していましたが、今年度は県内全域に広報したこともあり、東毛地域や北毛地域からの予約も入りました。2日(金)には草津町のあおぞら保育園に伺い、「ミニ凧作り」を行いました。

 園児のみなさんは、初めは表情に堅さもありましたが、「せみ凧」や「ふぐ凧」等、様々な面白い凧を紹介し始めると緊張もほぐれ、興味を示し笑顔を見せてくれました。実際の凧作りでは、説明をよく聞きながら頑張って作業を進めました。出来上がるとさっそく園庭に出て、楽しそうに走り回りながら凧を飛ばしていました。

カテゴリー: 学校連携 | タグ: | コメントをどうぞ