トップ>展示・催し物> 「デジタル埴輪展示室」の新設

「デジタル埴輪展示室」の新設

目的

質・量ともに日本一といわれる群馬県出土埴輪の魅力を活かし、群馬の埴輪が持つ多様性や素晴らしさを伝え、「埴輪王国ぐんま」を発信するため、最新のデジタル技術を導入した「デジタル埴輪展示室」を新設します。

展示室の様子

  • 塚廻り古墳群の埴輪と
    デジタルコンテンツ

  • 埴輪が浮かび上がる
    「3Dホログラム」

  • 子ども向けコーナー
    「はにわ研究所」

基本情報

公開日

令和4年3月19日(土)

展示の特徴

◆高精細3Dデータを活用した埴輪の3Dホログラムなど、最先端のデジタル技術を導入した展示
◆最も美しく出来映えがよいと言われる「塚廻り古墳群の埴輪」8体を実物展示(期間によって展示替え)
◆子ども向けデジタルコンテンツ「はにわ研究所」で、埴輪の発掘や復元をデジタルで疑似体験

※なお、以下のコンテンツが順次導入される予定です。
・埴輪立体パズル
・多言語対応アプリによる展示解説
・ARはにわフォトスポット

観覧料

常設展の観覧料でご覧いただけます。

一般300円、高大生150円、中学生以下無料
障がい者手帳等持参者とその介護者1名は無料
※企画展も観覧する場合は、別料金

ページトップページトップ