トップ>展示・催し物> 古代ワークショップ

古代ワークショップ

開催概要

10/8開幕の第107回企画展「上野国三碑の時代ー7・8世紀の都と東国」に先駆けて、古代ワークショップを開催します。期間を前期と後期にわけてそれぞれ異なる内容で実施します。

【キラキラ銅鏡キーホルダー】前期(9/17~10/23の土・日・祝日)
銅鏡イラストが印刷されたシールシートに色鉛筆で色を塗り、ミラーシートを貼ります。その後、片面にフィルムシートを貼り、最後にパンチで穴をあけてボールチェーンを通すと完成です。

【カラフル勾玉ペンダント】後期(10/29~12/4の土・日・祝日)
お湯で柔らかくなるプラスチック粘土で勾玉のかたちをしたチャームを作り、紐にチャームとビーズを通して結ぶと完成です。

作品例

  • 【前期】キラキラ銅鏡キーホルダー

  • 【前期】キラキラ銅鏡キーホルダー

  • 【前期】キラキラ銅鏡キーホルダー(鏡面)

  • 【後期】カラフル勾玉ペンダント

基本情報

期日

令和4年9月17日(土)~12月4日(日)

※上記期間の土・日・祝に実施

時間

①10:00 ②10:45 ③11:30  ④13:00 ⑤13:45  ⑥14:30
各回30分・定員入れ替え制

場所

学習室(受付はホール)

費用

無料(当日の観覧券が必要です)

対象

小学生以下は保護者同伴

受付・定員

各回20名(申込順・同伴者も含む)
当日、観覧券を購入いただき、館内で申し込みをすることができます。
(ご参加時に観覧券をご提示ください)

その他

団体利用はできません。
新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、中止することもあります。

ちらし

古代ワークショップ(PDF)

関連行事

ページトップページトップ