トップ>展示・催し物> 新春特別展「新春はにわ祭り」・「昭和のくらし」

新春特別展「新春はにわ祭り」
子どものための特集展示「昭和のくらし」

開催概要

【新春はにわ祭り】
群馬県内の埴輪をともなう古墳の数は約2,000基に及ぶと考えられており、全国的に見ても突出した数であるといえます。また、国宝・重要文化財(考古資料)に指定されている埴輪の約3分の1が群馬県出土のものであり、群馬県は出土埴輪の質と量において、まさに「埴輪大国」であるといえます。
こうしたことから、2018年に群馬県内出土の埴輪100体の人気投票を行うイベント「HANI-1グランプリ」が開催され、県内外から約6万票の投票がありました。
この度、「HANI-1グランプリ」に上位入賞した人気の埴輪たちを一堂に集めるとともに、当館所蔵・保管の多様な埴輪資料を合わせて展示し、「埴輪大国」ぐんまにふれる機会を創出したいと考えます。

【昭和のくらし】
令和の便利な世の中になり、昭和は遥か昔のことのように感じていませんか?その昭和のくらしで使われていた生活道具を展示しています。あわせて当時の生活の場も一部再現しています。人々の生活がどのように変わってきたのかを見ることで、懐かしかったり驚きがあったりするかもしれません。そんな昭和のくらしを感じに来ませんか。

展示資料

  • 【展示:新春はにわ祭り】
    鶏形埴輪(伊勢崎市剛志天神山古墳出土)
    (当館蔵)

  • 【展示:新春はにわ祭り】
    人面付き円筒埴輪(前橋市中二子古墳出土)
    (大室はにわ館蔵)

  • 【展示:新春はにわ祭り】
    人が乗る裸馬(太田市高林西原古墳群出土)
    (群馬県立がんセンター蔵)

  • 【展示:昭和のくらし】
    白黒テレビ(当館蔵)

  • 【展示:昭和のくらし】
    炭火アイロン(当館蔵)

  • 【展示:昭和のくらし】
    令和4年度展示風景(茶の間)

基本情報

会期

令和5年12月16日(土)~令和6年1月28日(日)

開館時間

9:30~17:00(入館は16:30まで)

休館日

毎週月曜日(ただし、令和6年1月8日は開館、翌9日休館)
※年末年始休館(12月29日~1月3日)

観覧料

一般500円・大高生250円・中学生以下無料
*身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方及びその介護者1人は無料(ミライロIDも可)

主催

群馬県立歴史博物館

お願い

館内で飲食はできません。
展示室内では、お静かにご鑑賞ください。

その他

関連事業などは、状況により、内容に変更を生じる場合があります。
最新の情報は、直接お問い合わせになるか、ホームページ等でご確認ください。

ちらし

新春はにわ祭り(PDF)

昭和のくらし(PDF)

関連行事

  • 新春特別展「新春はにわ祭り」と子どものための特集展示「昭和のくらし」の開催に関連して、クイズラリーやぬり絵に挑戦していただくイベントを開催します。また、イベントに参加・挑戦くださった方には、当館オリジ […]

  • はにわワークショップ

    ワークショップ

    関連行事

    新春特別展「新春はにわ祭り」・子どものための特集展示「昭和のくらし」に関連して、はにわワークショップを開催します。期間を前期と後期にわけてそれぞれ異なる内容で実施します。 【まが玉ストラップ】 前期: […]

ページトップページトップ